http://aresrv407.gard.local:8090/rest/ident/gard_ident/searcher/gard.no/search.xml?q=&language=Japanese&item=Japanese&hits=20

20.05.22

Insight

© 2021 Gard AS 1 米大統領、コンテナ船社・アライアンスを対象にした大統領令 に署名 こちらは、英文記事「New US Presidential Executive Order targets liner operators and alliances」(2021年 7 月 22日付)の和訳です。 この度バイデン米大統領は、コンテナのディテンション(返却延滞料)とデマレージ(超過保 管料)に関する慣行改善に加え、反トラスト法と海事関連規則の執行状況に関して、連邦海事 委員会によるコンテナ船社とアライアンスへの監視強化を求める大統領令に署名しました。今 回は、米法律事務所 Holland and Knightの皆さまにご寄稿いただき、この大統領令発出の背景 と、考

20.05.22

Insight

この度バイデン米大統領は、コンテナのディテンション(返却延滞料)とデマレージ(超過保管料)に関する慣行改善に加え、反トラスト法と海事関連規則の執行状況に関して、連邦海事委員会によるコンテナ船社とアライアンスへの監視強化を求める大統領令に署名しました。今回は、米法律事務所Holland and Knightの皆さまにご寄稿いただき、この大統領令発出の背景と、考えられる影響の範囲について解説していただきました。

19.05.22

Loss prevention material

© 2022 Gard AS 1 中国海域における禁漁期間中の安全運航について こちらは、英文記事「Navigating safely through the seasonal fishing ban in Chinese waters」(2022 年 5 月 5 日 付)の和訳です。 中国は 2022年 5月 1日より禁漁期間に入り ました。禁漁期間開始前は漁船の輻輳が激し くなりますが、期間終了時も同じく漁船数の 大幅な増加が予想されます。また、一部の海 域では禁漁期間に入っても違法に操業してい る漁船がいる可能性があるため、中国諸港へ の航海を計画する際には、普段にも増して注 意するようにしてください。 中国農務省は、渤海、黄海、東シナ海、南シナ海の 4 つの沿

19.05.22

Loss prevention material

中国は2022年5月1日より禁漁期間に入りました。禁漁期間開始前は漁船の輻輳が激しくなりますが、期間終了時も同じく漁船数の大幅な増加が予想されます。また、一部の海域では禁漁期間に入っても違法に操業している漁船がいる可能性があるため、中国諸港への航海を計画する際には、普段にも増して注意するようにしてください。

19.05.22

Loss prevention material

© 2022 Gard AS 1 液状化リスクには絶えず警戒を こちらは、英文記事「Gard warns Members to remain vigilant about liquefaction risk」(2022 年 4 月 26 日付) の和訳です。 最近、グループ A(液状化するおそれのある貨物)に分類されている固体ばら積み貨物が、水 分値が運送許容水分値(TML)を超えている状態で船積みされていることがあるとの報告が寄 せられています。液状化リスクのある貨物を積む場合は絶えず警戒を怠らず、不安な点や疑問 があればすぐにクラブに連絡するようにしてください。 1件目は、ペルーで銅精鉱を船積みしていた船舶での出来事です。荷役の途中で船長は、ホールド内 に自由

19.05.22

Loss prevention material

最近、グループA(液状化するおそれのある貨物)に分類されている固体ばら積み貨物が、水分値が運送許容水分値(TML)を超えている状態で船積みされていることがあるとの報告が寄せられています。液状化リスクのある貨物を積む場合は絶えず警戒を怠らず、不安な点や疑問があればすぐにクラブに連絡するようにしてください。

19.05.22

Loss prevention material

© 2022 Gard AS 1 船舶火災の防止は今も懸念材料に こちらは、英文記事「Fire safety onboard ships – a continuous cause for concern」(2022 年 5 月 9 日付)の和 訳です。 機関室での燃料漏れや断熱材への油の染み込み、固定式消火システムのノズルの詰まり、消火 ポンプの故障、換気ダクトに開いた穴など、ポートステートコントロールの検船中に防火装 置・設備の不備が次々に見つかっています。しかも、毎年の検船結果を見てもこうした状況が 改善する兆しはほとんど見られません。 後を絶たない防火装置・設備の不備摘発 今年 4 月、米国コーストガードが 2021 年版のポートステートコントロール

19.05.22

Loss prevention material

機関室での燃料漏れや断熱材への油の染み込み、固定式消火システムのノズルの詰まり、消火ポンプの故障、換気ダクトに開いた穴など、ポートステートコントロールの検船中に防火装置・設備の不備が次々に見つかっています。しかも、毎年の検船結果を見てもこうした状況が改善する兆しはほとんど見られません。

12.05.22

Insight

© 2022 Gard AS 1 ウクライナ危機 - Torunn Biller Whiteに聞く こちらは、英文記事「Crisis in Ukraine – an interview with Torunn Biller White」(2022 年 4 月 21 日付)の 和訳です。 現在ウクライナで起こっている危機、そしてこの危機が Gardとメンバーにもたらしている影響 について、Senior LawyerのWan Jing Tanが、Chief Risk Officerの Torunn Biller Whiteに 話を聞きました。Whiteは、船員の健康に与えている深刻な影響や世界の商品市場への影響、 制裁による経済への余波など、海運業界が直面している数々の問題に

12.05.22

Insight

現在ウクライナで起こっている危機、そしてこの危機がGardとメンバーにもたらしている影響について、Senior LawyerのWan Jing Tanが、Chief Risk OfficerのTorunn Biller Whiteに話を聞きました。Whiteは、船員の健康に与えている深刻な影響や世界の商品市場への影響、制裁による経済への余波など、海運業界が直面している数々の問題に触れながらも、私たちの思いは今回の危機の影響を一番に受けている人々と共にあると、改めて強調しています。

27.04.22

Insight

© 2022 Gard AS 1 海洋プラスチック汚染 – プラスチックペレットを特別に規制す べきか? こちらは、英文記事「Marine plastic pollution - are nurdles a special case for regulation?」(2022 年 4 月 4 日付)の和訳です。 国際海事機関(IMO)汚染防止・対応 小委員会(PPR)が 4月 4~8日に開催 されます。今回の会合の議題は、プラ スチック製品の材料となるプラスチッ クペレット(nurdle)の輸送規制案に ついてです。本稿では、プラスチック ペレットの流出事故の原因とその影 響、そして、今回の PPRの議題である 輸送規制案の詳細について解説しま す。プラスチックペレットの

27.04.22

Insight

国際海事機関(IMO)汚染防止・対応小委員会(PPR)が4月4~8日に開催されます。今回の会合の議題は、プラスチック製品の材料となるプラスチックペレット(nurdle)の輸送規制案についてです。本稿では、プラスチックペレットの流出事故の原因とその影響、そして、今回のPPRの議題である輸送規制案の詳細について解説します。プラスチックペレットの流出による環境への影響を詳しく把握するため、国連環境計画の提携団体である非営利の環境コミュニケーションセンター、GRID-Arendalにご協力いただきました。

27.04.22

Loss prevention material

© 2022 Gard AS 1 燃料油サンプリングポイントの設置義務化 こちらは、英文記事「Fitting of fuel oil sampling points becomes mandatory」(2022 年 3 月 29 日付)の和訳で す。 船内で使用中の燃料油の代表サンプルを採取するためにサンプリングポイントの設置または指 定を義務づけるMARPOL条約附属書 VIの遡及要件が、2022年 4月 1日に発効します。 国際海事機関(IMO)第 75 回海洋環境保護委員会(MEPC 75)において、燃料油中の硫黄分濃度の サンプリングとその検証手順に関する MARPOL条約附属書 VI の改正が採択されました。改正内容 は以下のとおりです。 •

27.04.22

Loss prevention material

船内で使用中の燃料油の代表サンプルを採取するためにサンプリングポイントの設置または指定を義務づけるMARPOL条約附属書VIの遡及要件が、2022年4月1日に発効します。

22.04.22

Insight

© 2022 Gard AS 1 二者択一思考にご用心 – 代替燃料を 1つに絞り込むことは必ず しも万能策ではない こちらは、英文記事「Beware of binary thinking – a single alternative fuel may not be the panacea some seek」(2022 年 4 月 4 日付)の和訳です。 海運業界は今、脱炭素化という重要 な目標に取り組んでいる最中です。 今回の寄稿者であるMartin Crawford-Brunt氏は、どうすれば この目標を達成できるのか視野を広 げて考えることが大切だとし、完璧 な方法を追い求めるあまり CO2の排 出削減が進まない事態は望ましくな いと警告しています。

19.04.22

Article

© 2022 Gard AS 1 リビア – 港湾状況に関する最新情報(2022年 4月 7日現在) こちらは、英文記事「Libya - port situation」(2022 年 4 月 7 日更新版)の和訳です。 リビア諸港はスルト(Sirte)港を除いて、外国貿易船が入港可能な状態ですべて操業していま す。2020年の停戦合意によりリビア国内の状況は比較的落ち着いている模様ですが、いずれの 港に寄港する際もその都度状況を確認し、船舶保安計画に適切な防護措置を盛り込んでおくこ とが依然として推奨されます。 外航船向けの港湾状況 Gard のリビア現地コレスポンデントの報告によると、2022年 4月 7日現在のリビア諸港の現況は次 のとおりです。

19.04.22

Loss prevention material

こちらは、英文記事「Face masks are effective transmission barriers against infections」(2022年4月6日付)の和訳です。

19.04.22

Loss prevention material

© 2022 Gard AS 1 船内の高頻度接触面の衛生管理はできていますか? こちらは、英文記事「Does your onboard hygiene management cover high touch surfaces?」(2022 年 3 月 22 日付)の和訳です。 肉眼では見えませんが、私たちの周りには細菌がいます。手で触れる頻度が高い表面ほど細菌 が付いている可能性も高くなり、こうした表面を「高頻度接触面」と呼びます。 高頻度接触面の典型的な例としては、レーダーなどの機器の操作部、ドアノブ、電灯のスイッチ、手 すり、キーボード、携帯電話、テレビのリモコン、蛇口などがあります。どんな物であっても、細菌 は場所によっては表面で数時間から数日生息できるため

19.04.22

Loss prevention material

こちらは、英文記事「Does your onboard hygiene management cover high touch surfaces?」(2022年3月22日付)の和訳です。

19.04.22

Loss prevention material

© 2022 Gard AS 1 マスクは感染症に対する効果的な伝播防止手段です こちらは、英文記事「Face masks are effective transmission barriers against infections」(2022 年 4 月 6 日 付)の和訳です。 呼吸器系ウイルスは、重大な病気を引き起こす可能性があり、時として死を引き起こすことも あります。最も効果的な感染防止対策の 1つはマスクを着用することです。 マスクは呼吸器感染症の空気伝播を抑制するうえで次の二重の役割を担っています。 • 1つ目は、呼吸器感染症への曝露を減らすことで、自分自身の健康を守ることです。 • 2つ目は、感染した人からの伝染を防ぎ、他の人を守る