http://aresrv407.gard.local:8090/rest/ident/gard_ident/searcher/gard.no/search.xml?q=Tokyo&language=Japanese&item=Japanese&hits=20

08.09.10

Loss prevention material

For more information please contact Loss Prevention Manager Terje R. Paulsen, email terje.paulsen@gard.no or Loss Prevention Executive Marius Schønberg, email marius.schonberg@gard.no The information is provided for general information purposes only. Whilst we have taken every care to ensure the accuracy and quality of the information provided at the t

15.02.21

Insight

© 2021 Gard AS 1 デッキからブリッジへ - 次世代の船員の養成 こちらは、英文記事「From deck to bridge - training the next generation of seafarers」(2021 年 1 月 8 日付)の 和訳です。 この 2年間、Oliver Baileyさんは航海科学 や航海術、消防など、 一人前の船員になるた めに必要な多くの科目 の知識を深めてきまし た。ところが、そんな 彼も海上で足止めを食 らってしまいました。 25歳の Oliver さんは、順調にいけば、今年の年末までには卒業し、十分な資格を備えた甲板部職員 になる予定です。その時点で Oliver さんには多くのチャンスが待ってい

15.02.21

Insight

この2年間、Oliver Baileyさんは航海科学や航海術、消防など、一人前の船員になるために必要な多くの科目の知識を深めてきました。ところが、そんな彼も海上で足止めを食らってしまいました。

25.05.21

Loss prevention material

。また、船主は、現地代理店を通じて、その港での燃料油サンプル採取に関連する規制・ 慣行について情報を入手しておくようにしてください。 • 補油作業中と補油作業終了後: o 採取するサンプル数:サンプルは 5つ以上採取することが推奨されます。本船用に 3 つ(MARPOL 用、燃料検査プログラム用、保管用)、バンカーサプライヤーへの提 供用に 1つ ... 。したがって、ガードジャパン株式会社は、原文との内容の不一致については、一切責任を負いません。翻訳文についてご不明な点などありまし たらガードジャパン株式会社までご連絡ください。 © 2021 Gard AS 4 GARD ALERT 13 MAY 2021 GARD INSIGHT o バンカーバージが代表サンプルの採取に関するベストプラクティスに従っていない 場合は、傭船者に直ちに通知する必要があります。これとは別に、本船の乗組員は 自らサンプルを採取し、封印する必要があります。 o BDN にシール番号を記載するよう努めてください。また、IMO が MEPC.1/Circ.875 で指摘しているように、本船がベストプラクティスに従ったことを示す証拠とし て

25.05.21

Loss prevention material

燃料油の品質に関する紛争はよくあることです。当事者は、供給された燃料油が規格に適合したものであるかどうかを判断するために共同でサンプル検査を行うことに合意していることが多く、その検査の結果は当事者を拘束することになります。たとえ合意がない場合でも、燃料油サンプルは紛争の解決に役立つ可能性のある適切な証拠となるでしょう。そこで問題となるのが、検査に使用するサンプルは、バンカーバージで採取したサンプルか、それとも本船側のマニホールドで採取したサンプルかという点です。

06.08.19

Loss prevention material

、すべてのバリケードが以下の条件を満たしているようにする こと。 o 上段と中段の手すりを備えている。 o 規定の高さと荷重の要件を満たしている。 • 上記のバリケードをすぐに設置できないむき出しの穴を発見した場合、その穴に見張り番を配置 すること

21.06.16

Loss prevention material

© Gard AS Page 1 of 2 Loss Prevention Circular: No. 05-14:甲板下の高所作業の危険性 こちらは、英文記事「No. 05-14: The dangers of working at heights below deck」(2014年 11月 20日付)の和訳です。 カーゴタンク内への落下による死亡事故は、作業開始前のリスク 評価の改善と落下事故の防止対策の必要性を示すものです。 最近、ある若い船員が作業中にカーゴタンクの中に落下し、その 際に負った負傷がもとで死亡するという事故がありました。その船 員は、タンクに立ち入ろうと、甲板下のメンテナンス用の開口部か らはしごに足をかけようとした際に 20 メートル下のタンク底に落下

17.02.16

Loss prevention material

© Gard AS Page 1 of 2 Gard Alert パナマ運河 - 通航時のデッキ冷却 こちらは、英文記事「Panama Canal – deck cooling during transit」(2016 年 1 月 26 日付)の和訳です。 引火点 18℃未満の貨物を積載してパナマ運河を通航するタ ンカー船は、圧力安全弁が自動作動しないようにメインデ ッキを水で冷却しなければなりません。 2016 年 1 月 18 日から、別途通知のあるまでの期間、パナ マ運河庁(Panama Canal Authority [ACP])は、パナマ運河通 航時において、タンカー船の圧力安全弁が自動的に作動する のを防ぐための特別な手順を導入しました。これは、運河の 運営とその利

22.05.13

Insight

Fines continue to take their toll 8 Gard News 210 May/July 2013 罰金はまだ負担に Fines continue to take their toll この記事では、Gardに報告された過去 5年間の罰金事案の分析に基づき、同期間の統計と最近の傾 向をまとめるとともに、いくつかの厄介な国における状況の説明を行います。 負担額 平均すると毎年約 100~120件の罰金関連の事 案が Gardに報告されています。分析対象の 5 年間では、罰金関連の

06.09.21

Loss prevention material

.parismou.org / press release • 東京 MOU: www.tokyo-mou.org / press release • 黒海 MOU: www.bsmou.org / press release • インド洋 MOU: www

15.08.12

Insight

ࡶࡾ࡛ࡋࡓࠋࡋ࠿ࡋࠊ㐠 ㏦ேࡀࠊ㈐௵ࢆ඲㠃ⓗ࡟ᅇ㑊ࡍࡿࡇ࡜ࠊࡉࡽ ࡟ࡣⲴ≀ 1ಶ࠶ࡓࡾ 500⡿ࢻࣝ࡜࠸࠺ US COGSAࡢ㈐௵㝈ᗘ㢠ࢆࡵ࡚ࠊ⡿ᅜ࡟࠾࠸࡚ ㈌≀ࡢ฼ᐖ㛵ಀ⪅࡬ࡢッゴࢆᥦ㉳ࡋࡓࡢ࡛ࡍࠋ ࡇࢀࡣࠊ㈌≀ࡀ⏥ᯈ✚ࡳ࡛࠶ࡿࡇ࡜࡜ࠊ⯪Ⲵ ドๆࡢᩥゝୖࡣ US COGSAࠊࡦ࠸࡚ࡣ⡿ᅜࡢ ⟶㎄ࡀ㐺⏝ࡉࢀࡿࡇ࡜࡟ᇶ࡙࠸ࡓࡶࡢ࡛ࡍࠋ ㈌≀ࡢ฼ᐖ㛵ಀ⪅ࡣࠊUS COGSAࡢ㐺⏝ࢆᣄ ྰࡋࠊࣟࣥࢻ࡛ࣥࡢ௰⿢ࢆ㛤ጞࡋࡲࡋࡓࠋࡑ ࡋ࡚ࠊ㐠㏦ே࡟ࡼࡿ⡿ᅜ࡛ࡢッゴᡭ⥆⥅⥆ࢆ ไṆࡍࡿࡼ࠺ࠊッゴᕪṆ࿨௧ࢆࡵࡿ⏦❧᭩ ࢆⱥᅜ ... ࠺࡜ࡍࡿࡢ࠿࡜࠸࠺ࡇ࡜ࢆࠊ㐠㏦ேࡀ⡿ᅜ࡛ ッゴᡭ⥆ࢆ⾜࠺ࡇ࡜ࢆ㜵ࡄࡓࡵ࡟ࡵࡓ㐠㏦ ே࡟ᑐࡍࡿッゴᕪṆ࿨௧࡜࠸࠺౛ࢆᣲࡆ࡚♧ ࡋࡓࡶࡢ࡛ࡶ࠶ࡾࡲࡍࠋ

06.09.21

Loss prevention material

(COVID-19の影響で延期されていた)パリMOUと東京MOUによる合同検査キャンペーンは、2021年9月1日に開始される予定であり、今回は復原力全般に重点が置かれます

05.08.19

Loss prevention material

2019 CIC on Emergency Systems and Procedures(2019年緊急非 常システムと手順に関する集中検査キャンペーン質問票) • 東京 MOU: ◦ http://www.tokyo

14.02.06

Loss prevention material

、検査により船舶のfiltering systemを違法にバイパスしていることが明らかになったものであり、Sludge Tankからの違法な船外排出用配管もまた発見されている。キャンペーン期間中、Port State Controlの検査官は13の検査項目に焦点を当てている。Tokyo MOUのCICにおいて13項目のリストが参照可能。http://www.tokyo

27.07.18

Insight

://www.parismou.org/publications-category/annual-reports. 東京 MOU の 2017 年年次報告書は、以下から閲覧できます。 http://www.tokyo-mou.org/publications/annual_report.php.

13.05.19

Insight

。これは、規制変更に起因して生じるいくつかの重要事項に関して、客観的に「公平な」 立場から責任の所在を明らかにするものです。 執筆者:Sammy Smallbone Lawyer, Tokyo © 2019 Gard AS 2 • Ship Implementation Plan ... 。 o グレードの異なる燃料油をどのように分離するか o いつどのように適合性検査を実施するか o いつどのようにタンクの洗浄を行うか • 相互に連携して対応してださい。用船契約が 2020 年 1 月 1 日をまたぐ場合


30.01.20

Insight

のティム・モス博士とダニエル・シェアド博士 が、硫黄分を含む ISO 8217 規格に基づく燃料の試験結果を判定する方法な by Sammy Christopher Smallbone Lawyer, Tokyo by Kim

06.10.14

Loss prevention material

: パリ MoU http://www.parismou.org 東京 MoU http://www.tokyo-mou.org 黒海 MoU http://www.bsmou.org インド洋 MoU http

20.03.18

Insight

/Lを発行したい場合(これにより、トレーダーは自身の仕入れ先を開示する必要がなく なり、トレーダーを介さない直取引を防げることになります)。 執筆者: Louis Shepherd Senior Claims Adviser, Lawyer, Tokyo © Gard AS Page 2